【VAN LIFE】車泊で東北 Snow Trip [1日目]

ずーっと昔から憧れていた車泊でいろんなスキー場を巡るスノートリップ。
ついに、ついに出発の日がやってきたのでした!!

2017年12月27日「出発!」

時は来たりて!
年末最終日の仕事は早々に終わらせて夕方に帰宅し、残りの荷物を一斉に詰め込んで出発準備完了!

今回の東北スノートリップは合計7日間5箇所のスキー場を巡る予定。
途中、311のあの場所へも。。。
IMG_0293

19時:出発!

まずは常磐道に乗り、いざ仙台方面へ!
乗ってすぐの守谷SAで夕食。ちなみにこの守谷SAには上野で有名な「肉の大山」の支店レストランがあるのだー!
まずは大山の肉でスタミナ補給だーなんて行ってみたら・・・

レストランは19時で閉店でした・・・

IMG_0298
だもんで、ベターな親子丼とかうどんとかを食う。
IMG_0302

食事をしたら気を取り直して出発!
とにかく北上します、北上します!

いわきあたりを走行していたくらいから風が強くなってきました。その風はどんどん強風になっていきしまいには運転するのが怖くなってしまうほど横風がヤバくなりまっすぐ走ることが困難なくらいの強風に!

急遽「ならは」というPAで待機することにしましたが、停まってる間も強風でいろんなものが飛ばされてきて車にガンガン当たってきます!
IMG_0306

少し風が収まってきた隙をみて出発!
ここから一気に仙台方面へ!

途中、「双葉町」や「浪江町」を通り『南相馬』に来ました。
震災が起こる前は毎年サーフキャンプをしに訪れていた町で、大好きなサーフポイントがありました。
松川浦の市場では、おばちゃん達がすっごく人懐っこくておしゃべりをするのが大好きでした。
そんな想い出を振り返りながら常磐道をこんなに北まで走ったのはあれ以来初めてだと実感しながら。。。
※写真は2006年 北泉ポイント
豊間5 まさと

常磐道は途中から三陸自動車道につながり、仙台北部道路を経由して東北自動車道にドッキング!
そこからさらに北上しますが、車内の家族は全員もちろん爆睡中です。

AM2:00 鶴巣PA コーヒーブレイク

IMG_0312
コーヒー自販機では一番濃いめにセットしてコーヒーを飲みます。
目的地である「松尾八幡平」まではまーだまだ道のりは長いのです。。。

このあと走ること約2時間。
高速道路の情報掲示板にとんでもない文字が表示されてました!

この先、北上江釣子〜紫波ICまで猛吹雪のため通行止め

なんてこったぁ〜!! そうこの年末東北方面は何十年ぶりの大雪で毎日のように雪が降っており11月中に多くのスキー場がオープンできるほどになっていましたが、まさかこの夜に猛吹雪で東北道が通行止めになるなんて!?
しかたなく高速を降りて下道をテクテクと北上することに。

AM4:00 力尽きて仮眠カミンw

ここまで9時間のドライブ。よくやったオレ!がんばったオレ!おやすみオレ!IMG_0316

IMG_0314

 

AM8:30 再び出発!

一度寝たら起きれませんよ。昨日は7時に起きて仕事納めしてからのドライブは9時間だから合計21時間起きてたんだからw
ようやく目が覚めたのが朝の8時w 4時間も寝ちゃった!

IMG_0320

チビ達は、リアル『目が覚めるとそこは雪国だったー』に大興奮ですw
IMG_0324

さて、目的地であるスキー場に向かいましょう!

PM12:00 八幡平パノラマスキー場到着!

やっと到着したのはちょうどお昼。長かった〜。ドライブ長かったぁ〜。
自宅を出発してから約15時間、最初の目的地である「八幡平パノラマスキー場」に到着しました。
まずはランチで腹ごしらえ。
IMG_0327

八幡平パノラマスキー場 スキー動画


この日のスキーは2本だけ。え?たったの2本??
もうね、父はこの時点でくったくたに疲れてました。股の間に息子(ムスコではないw)をはさんで滑ったら足がプルプルなんですよw
プルプルしちゃったら次はもちろん・・・

松川温泉 松楓荘

平安中期の武将安倍貞任の家臣、伊藤某が1062年(平安時代)このお湯を発見し、その末裔の高橋与次郎が1743年(徳川吉宗の時代)に開湯したのが始まりと伝えられ、今日で274年5ヶ月24日になります。
美しい松川渓谷の山間にひっそりたたずむ静かで素朴な温泉で、しかも白濁の源泉かけ流しの豊富なお湯で松川温泉の中では一番古い宿です。

~HPより〜

もうね、最高の秘湯です!建物そのものの古さが懐かしさを感じさせ、自分の子供の頃にタイムスリップしたような心地よさ。
昔の温泉ってどこもこんな雰囲気だったと思います。
そしてこの後いろんな温泉に立ち寄って気づくのですが、どこも入湯料が400円〜500円とすごくリーズナブルなんです!
首都圏で1000円近く払って激混みの近代的な温泉とはわけがちがいますw
写真 2017-12-28 15 35 06

IMG_0330 IMG_0332  写真 2017-12-28 14 32 03 IMG_0335

そしてこの山奥にある温泉までわざわざ来た理由は…

混浴があるから♡

ところが。。。。
IMG_0334

ガーン ( ̄◇ ̄;)
実はこの混浴岩風呂は冬季は常に雪崩で閉鎖されています。もう一つ混浴があるのですがお湯が熱すぎて入れなかったという事実w
しかし内湯も雰囲気最高でもちろんお湯も最高で、もう最高で最高で♡
IMG_0336

写真 2017-12-28 15 07 52 写真 2017-12-28 15 07 33 写真 2017-12-28 14 37 39

この温泉を最初に、毎日いろんな温泉に入るのですがこのエリアの温泉のすごいところはやはり効能!
僕はスキー&スノボーを滑ったあとは必ずと言っていいほど温泉に入るので、これまでいろんなエリアの雪山温泉に入ってきましたが、この岩手八幡平&雫石エリアの温泉はその中でも抜群に良いお湯だと感じます!僕の体がそう言ってるので間違いないw
八幡平&雫石エリアにお越しの際は、ぜひこの松風荘を筆頭にいろんな温泉を楽しんでみてください!

ついに東北最初の車泊の夜!

この東北スノートリップは全日スキー場の駐車場で車泊をする予定でした。ところが事前の調査不足で東北のスキー場のほとんどが夜間はトイレを閉鎖してしまうことが発覚!! 東北エリアでは車で前泊してスキーをする人なんてほとんどいないんだとか。。。
トイレが無いというのは致命的で、夜間にもよおしたとき極寒の外でおしっこするなんて殺人的恐怖です!ウンコなんか論外です!!

そこで24時間トイレを利用できるパーキングを探してみたところ、なんと最高に便利な場所を発見!
そこは公共の駐車場でありながら、なんとローソンが併設しているという天国のようなところw
夜中に何度でもお酒やつまみを調達できる上に暖房が効いているキレイなトイレが使えるなんてー!

 

IMG_0345

ってね、そんな初日から宴ができるほど体力は残っているわけもなく、この夜はあっという間に就寝。
まずは無事に最初の車泊でゆっくりおやすみしました。
ちなみにエンジンは切ってましたが、寝袋だけでものすごく快適に朝までぐっすり眠れましたとさ。

東北 Snow Trip 1日目。こんな感じでスタートしたのでした〜!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
LINEで送る
[`evernote` not found]